このBlogについて

当Blogに掲載されている情報はダム便覧を元にしております。
間違い等ありました場合は、コメントでお知らせ頂けると幸いです。

当Blog利用規約はこちらをご参照下さい。

2011年11月10日木曜日

ちょいと霧積ダムへ行ってきた。

  • 利根川水系/霧積川/群馬県
  • 形式:重力式コンクリートダム
  • 堤高:59m
  • 堤頂長:305m
  • ダム湖名:霧積湖
  • 用途:洪水調節/不特定・河川維持
  • 着工1968年/竣工1975年
くの字に曲がった堤体が特徴で、洪水調節と不特定・河川維持が目的なので、特に変わった設備等が一切無い坊主ダム。
天端左岸
天端左岸より撮影

左岸ダム湖
天端左岸からダム湖側
夏だったのでとても水位が低い!堤体にある一筋の線はあそこまで水位が来る証拠。
それだけ大雨を受け止めて洪水を防いでくれてる。ありがたいことだ!!

インクライン
インクライン
左岸側にインクラインがあった。流木が散乱しているけれど、いつからあるのかな??

堤体右岸側
堤体右岸側から撮影
 くの字に曲がっている様子がよく分かる。
堤体は直線の方がコストがかからないはずだけど、曲げた方がコストがかからない何かがあったんだろうなー。なんだろう?堤頂長が伸びてコンクリ使用量が増えるとか?岩盤に難があったとか?ともかく不思議。

直下
直下を望む
下流は草木が生い茂って川がさっぱり見えない!
放流は水位維持のためにオリフィスからずっと流れてる。
水量は多くなくて爽やかな音がとても心地良かった。


0 件のコメント:

コメントを投稿