このBlogについて

当Blogに掲載されている情報はダム便覧を元にしております。
間違い等ありました場合は、コメントでお知らせ頂けると幸いです。

当Blog利用規約はこちらをご参照下さい。

2012年8月22日水曜日

ちょいと胎内第二ダムへ行ってきた。

  • 胎内川水系/胎内川/新潟県
  • 形式:重力式コンクリートダム
  • 堤高:41.5m
  • 堤頂長:90m
  • 用途:発電
  • 着工1958年/竣工1960年

GWに行って来ました胎内第二ダムです。この時期はまさに融雪放流の真っ最中!

早速右岸側の管理所脇から覗いてみると水しぶきが!轟音が!!

胎内第二ダム右岸側



まずは天端に行ってみようと思ったら・・・。


企業局の古い発電用ダムだし、開いてるとも思ってなかったのですが、やはり残念。


放流を天端から見るのもイイのにな!






天端は諦めて、再度天端の脇からダム湖を。


逆光なのでカメラでは無理ですけど、真っ白に見える空の向こうには雪を被った山が見えてました。

空気もひんやりして気持ちいい。





胎内第二ダムまでは車で行けますが、さらに上流は冬季閉鎖のため行けません。


GWでもまだ冬季閉鎖とは、長いな。


この上流には胎内川ダム・胎内第一ダム・奥胎内ダムの3基がありますが、今回は行けず。


気を取り直して、下流側へ向いますよ!


管理所脇から一枚。


融雪放流を狙ってきて良かったなー。


カッコいい。




胎内第二ダム 下流側より
そしてこれが下流側の橋からです。

小ぶりで古いですけど、やっぱり飾りっけの無い発電用はイイ。凄くイイ。


静かな山に響き渡る放流の轟音、音圧、ひんやりした水しぶき。気持ちいい


最後に、放流動画でおしまいにします。
融雪放流は、安全にダムの放流を見ることが出来る数少ない機会なのでお勧めですよ!

2 件のコメント:

  1. 冬季はスキー場から俯瞰も出来るので、ぜひともお越しください。また、上流の胎内川ダムではダムカードも配布しておりますので、冬季閉鎖解除後におこしください。
    なお、最上流には奥胎内ダムも建設中です。見学会の機会がありましたらお声かけしますのでよろしくお願いします。

    返信削除
  2. ありがとうございます!
    その際はぜひよろしくおねがいします。

    返信削除