このBlogについて

当Blogに掲載されている情報はダム便覧を元にしております。
間違い等ありました場合は、コメントでお知らせ頂けると幸いです。

当Blog利用規約はこちらをご参照下さい。

2011年8月31日水曜日

ちょいと中木ダムへ行ってきた。

  • 利根川水系/中木川/群馬県
  • 形式:重力式コンクリートダム
  • 堤高:41m
  • 堤頂長:148.1m
  • ダム湖名:妙義湖
  • 用途:上水道用水
  • 着工1951年/竣工1959年
碓氷川沿いにある久保井戸浄水場から取水して、安中市へ水道水を供給しています。
天端はゲートで締め切られていて入れません!が、上水道用のダムではよくある事。

クレストにローラーゲートが3門と、写真の通り放流している利水放流管(?)が1門。
上水道用水専用という事でとても簡素な作り。飾りっけの無い堤体は無骨な雰囲気で良いですね。

IMG_2011_07_18_1596




中木ダムについて調べていたら、安中市水道事業のWEBページにこんな記述がありました。

中木ダムは、群馬県が灌漑用水を目的として昭和29年から昭和34年までの6年の歳月をかけて建設されました。その後、昭和54年に当時給水区域の拡張を進めていた碓氷上水道企業団(現・安中市)が新たな水源として買い取り、水道専用の利水ダムとして重要な役割を担うことになりました。

群馬県が灌漑用として中木ダムを作り、水源として碓氷上水道企業団へ売却し、灌漑用から上水道用へと転用したらしい。



ダム直下には大きな石がゴロっと。これはいつからあるのだろうか・・・?


IMG_2011_07_18_1603

0 件のコメント:

コメントを投稿