このBlogについて

当Blogに掲載されている情報はダム便覧を元にしております。
間違い等ありました場合は、コメントでお知らせ頂けると幸いです。

当Blog利用規約はこちらをご参照下さい。

2018/06/26

五名ダムの不思議な構造物

別件で調べ物をしている最中に気になるものを見つけたので紹介する。

出典:国総研資料第733号

それはこの香川県の五名ダムの洪水吐呑み口について。
国総研の資料にある図面を見ると不思議な構造物がある。

五名ダムの不思議な構造物


出典:国総研資料第733号 赤矢印は追記
こちらの図面はダムを真上から見たもの。
ダム堤体の貯水池側赤矢印のところに半円形の構造物がある。
もしかして「ダム穴」と呼ばれるアレか!?それとも越流頂付き放流管か!?

まさか越流頂付き放流管?

ちなみに越流頂付き放流管はコレ。

岡山県 鳴滝ダム

兵庫県 安富ダム
貯水池側に半円形の呑み口が付いたもの、全国で20基に満たない数の採用例がある。


出典:国総研資料第733号

さらに左岸側から見た断面図を見てみると呑み口に壁がある。
平面図と一緒に見てみると半円形の壁のような構造があると判断出来る。
やっぱり越流頂付き放流管なのでは?と思ったがよく見ると放流管の先端にバルブが付いている。図面から察するにホロージェットバルブと思われる。


ちなみに安富ダムの断面図と比べてみると、こちらも五名ダムと同様に半円形の壁があるのが分かる。

越流頂付き放流管では無さそう


出典:国総研資料第733号
上流面図を見てもバルブが付いている。
ダム便覧に掲載されたダムカード画像を見るとホロージェットバルブが確認出来た。

おかしい。越流頂付き放流管ならゲートやバルブは付けない。ゲートレスのはず。
不思議に思い資料を探そうにもネットにも国会図書館にもどこにも見つからない。
これでは調べようがないので香川県に直接問い合わせしてみた。