このBlogについて

当Blogに掲載されている情報はダム便覧を元にしております。
間違い等ありました場合は、コメントでお知らせ頂けると幸いです。

当Blog利用規約はこちらをご参照下さい。

2012年8月25日土曜日

ちょいと小原ダムへ行ってきた。

  • 庄川水系/庄川/富山県
  • 形式:重力式コンクリートダム
  • 堤高:52m
  • 堤頂長:158.2m
  • 用途:発電
  • 着工1939年/竣工1942年
庄川水系にある発電専用の小原ダムです。
庄川・神通川・常願寺川あたりにある発電用のダムってホントかっこ良くて、前から行きたかったトコなんですよ。
正面
小原ダム正面


右岸
小原ダム右岸より
このゲート沢山ずらずら!っと並んでるのがイイんです!!たまりません。

右岸下流より
徐々に正面へ向かっていきます。発電所の建屋が邪魔!とか言いません。

正面をアップで
そして再度、この正面の姿。かっこいい。ホントかっこいい。

余計な言葉は必要ありません。かっこいい。

一応、簡単に書くと・・・
昔のダムのゲートは、1門あたりの放流能力や耐えられる水圧が少ないのです。
なので、大量のゲートを並べて、放流能力を補い水圧に耐えるようにするわけです。
ゲートがたくさんあれば運用も面倒だし、メンテナンスにもお金がかかるので本来は少ない方が良いですし、最近のダムではたくさんゲートが並んでいる所はほとんどありませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿